ダイエットの為の代謝の育て方

2018.08.1
沖縄県那覇市真嘉比
少人数制ダイエット専門スタジオ
【Giuliana - ジュリアーナ】のジェームス光です。


ダイエットの為に代謝を上げようと、筋肉トレーニングをしても大きくなりません。
トレーニングは「筋繊維を太くする」と体に決断させるシグナル。そのタイミングで、筋たんぱく質の合成を促すホルモンと筋肉の「材料」となる栄養素が届いて初めて大きくなり始めます。

必要とされる「材料」の大部分は、たんぱく質が分解されてできているアミノ酸です。それに微量のビタミンやミネラルが使われます。遺伝子という設計図を元に、アミノ酸という大量の木材や鉄骨とビタミンやミネラルという釘やネジをつかって、筋肉と言うビルを建てるのです。

もしハードにダイエットトレーニングをしても筋肉がつかないとしたら、まず「材料」が不足しているのを疑いましょう。

本格的にダイエットトレーニングをする人なら、筋肉の「材料」となるたんぱく質の1日の必要量は体重1キログラムあたり2グラムとなります。
70キログラムの人なら140キログラムのたんぱく質が必要になります。

これは日本人の推定摂取量の3倍は近いです。
かなり意識的に摂らない限り、確実に「材料」不足になります。たんぱく質摂取量が不足すると、ダイエットトレーニングで消費したエネルギーを補填するために筋肉が分解される残念な結果になります。

これは極端な食事制限と長時間のダイエットトレーニングを併用した場合、ダイエットが失敗する原因の1つです。

たんぱく質が消化・吸収されアミノ酸として血液に乗るまでの時間を考えると、3時間に1回のペースで食べれば筋肉の「材料」が血液中に常にある状態をキープできます。それによって筋肉の分解は押さえられるのです。

アミノ酸の血中濃度をキープできれば、トレーニング中から筋繊維の合成が進むため筋肥大にも効果的です。吸収のいいプロテインなら1時間後、BCAAならさらに早くアミノ酸を血液に供給できます。


◆インスリンの力を活用!
減量なかでない場合、ダイエットトレーニング後の30分以内に炭水化物(糖質)を摂取するとインスリンが分泌されるが、運動後に分泌されるインスリンは筋肉の合成に優先的に使われます。

そして、筋肉へのアミノ酸取り込みを促し、筋肉の分解を防いでくれます。

インスリンは脂肪の合成も促すため、炭水化物(糖質)を過剰にとれば脂肪として貯蔵されるので量には注意してください。

体脂肪を落としたい人は量を控え、運動しない日の夕食はとらなくてもいい。


--------------------------
沖縄県那覇市真嘉比
少人数制ダイエット専門スタジオ
【Giuliana - ジュリアーナ】

お問い合わせ

ご不明点・疑問点などお気軽にお問い合わせください。

無料体験などのご予約も承っております。

お客様のご希望に応じたメニューをご提案いたします。

Tel.098-943-7321

必須お問い合わせ内容
お問い合わせ 体験トレーニング
必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須ご希望の連絡方法
メール 電話
必須お問い合わせ

「必須」は必須項目です。※お問い合わせフォームの必要事項をご記入の上、送信をお願いいたします。

※送信後にお問い合わせ完了のメールが届かなかった場合は、メールアドレスが間違っているか、 迷惑メールに分類されている可能性がありますので、いま一度ご確認をお願いいたします。