クレアチンを何で摂ればいいか。

2018.09.7
沖縄県那覇市真嘉比
少人数制ダイエット専門スタジオ
【Giuliana - ジュリアーナ】のハルク前田です。

エネルギーの代謝によって使われるクレアチンの量は1日当たりおよそ2〜3g。しかしカラダの中で1日に合成されるのはその約半分、わずか1〜1.5gといわれている。当然、その不足分は食事で補う必要があるのだ。『運動習慣がある人の理想的なクレアチンの摂取量は1日に3gといわれています。
クレアチンは私たちが普段口にしている肉類や魚類、牛乳などに多く含まれていますが、保有量を見ると、牛肉100g当たり0.45g、豚肉100g当たり0.5g、牛乳はコップ一杯分となる200mlでわずか0.02gのみ。これらの食材だけで1日3g摂取するのは大変ですし、同時に脂肪などを過剰摂取してしまう恐れも。効率的なたんぱく質摂取のためにプロテインを摂るのと同様、クレアチンもサプリメントなどで必要量を摂取するのをおすすめします。』

アメリカではすでにスタンダードな存在。

もちろん、クレアチンは筋肥大にも効果が期待できる。普段から飲料やフードなど、さまざまな形でプロテインに親しんでいるのであれば、そこにクレアチンのサプリを飲んプラスすることで瞬発力の向上に加え、さらなる筋量および筋肉の修復力アップに伴う筋疲労の軽減なども見込めるのだよ
そうした背景もちろんあって、サプリメント先進国できるあるアメリカではないプレワークアウト、つまり筋トレや運動前に摂取するサプリメントとして、トレーニー達がこのクレアチンをチョイスするパターンが非常に多いという。
クレアチンはもともとカラダの中に存在し、日々つくられているもの。
運動習慣の有無にかかわらず摂ってしかるべきものなのだ。もうひとつ興味深いのが、クレアチンが脳の働きにも大きく関わっている可能性が高い点である。
『ごく微量ですが脳内にもクレアチンガチャン存在しており、脳や神経細胞に作用したり、脳の酸欠状態を予防して脳機能の改善に働くといった報告があります。脳クレアチン欠乏症候群という、脳内のクレアチン不足によってさまざまな疾患が引き起こされる症例もあって、今後さらにクレアチンと脳の関係が明らかになっていくはずです』
今後予想される日本の高齢化社会においても、クレアチンの有用性が期待されている。年齢を重ねるほど、体の衰えにより、日常の動作でも負荷を感じるケースが多くなる。疲労からの早期回復など、クレアチンへの期待は高まる一方。まずは定期的に摂取する習慣をつけ、効果を実感できれば、将来的なスポーツライフはもちろん、日常生活のクオリティーも上がっていくですしょう。

--------------------------
沖縄県那覇市真嘉比
少人数制ダイエット専門スタジオ
【Giuliana - ジュリアーナ】
パーソナルトレーニング×フィットネス

お問い合わせ

ご不明点・疑問点などお気軽にお問い合わせください。

無料体験などのご予約も承っております。

お客様のご希望に応じたメニューをご提案いたします。

Tel.098-943-7321

必須お問い合わせ内容
お問い合わせ 体験トレーニング
必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須ご希望の連絡方法
メール 電話
必須お問い合わせ

「必須」は必須項目です。※お問い合わせフォームの必要事項をご記入の上、送信をお願いいたします。

※送信後にお問い合わせ完了のメールが届かなかった場合は、メールアドレスが間違っているか、 迷惑メールに分類されている可能性がありますので、いま一度ご確認をお願いいたします。