体幹と腰痛の関係

2018.11.14


腰痛に悩む人はこんなアドバイスをされたことはないだろうか。『背中の筋肉を鍛えれば腰痛なんてあっという間に治るんじゃない?』と。
確かに背筋は腰の近くにあって、鍛えれば腰まわりを強化できそうなイメージがある。
しかしその理屈が通るなら、強い背筋を持つスポーツ選手に腰痛持ちはいないはずだ。果たして背筋トレーニングは腰痛解消につながるのか。『結論から言うと、背筋を鍛えても腰痛の根本的解決になりません。
それよりも大事なのは、腹横筋や多裂筋などの、ローカル筋と呼ばれる体幹深層筋。
これらを強化することで、付着している脊椎や骨盤の動きを改善し、腰痛の予防につながるのです』
カラダの中心軸となっているのは頸椎、胸椎、腰椎からなる脊椎とか骨盤だか、それらの動きを支えているのはグローバル筋と呼ばれる大きな筋肉ではなく、体幹深層筋。
これらがしっかり機能することで、腰椎や骨盤は正常に動き、位置は安定する。
逆に体幹深層筋が正しく機能しない場合、脊椎や骨盤の動きは脊柱起立筋などのグローバル筋トレが担うことになる。これらの筋肉は本来、脊椎や骨盤を支える役割を担っているわけではないので、脊椎や骨盤のズレなどにつながり、結果的に腰の痛みを引き起こしてしまう。グローバル筋を鍛えても腰痛の根本的解決にならないのはこれが理由だ。
もうひとつ、体幹深層筋が腰痛に関係していることを示す実験結果がある…。これは事前に4k gの荷物を渡されることを知らされて実際に4k gの荷物を持った場合と、同じく事前に知らされたうえで1k gの荷物を持った場合、そして事前に1k gの荷物を渡すと伝えられたのに、実際には4k gを持たされた場合に多裂筋が最大筋力の何%働いているかを示したものだ。『この結果を見ると、いずれのケースでも荷物を上げる直前に多裂筋の出力が上がっている。つまり無意識のうちに深層筋は負荷に対する準備をしているわけです。其の後、知らされた通りの重さが来ることで出力は次第に小さくなりますが、反対に聞いていた1k gよりも重い4k gの荷物が来ると、一度上げた後に、"予測していた重さじゃない"と時間差で出力を上げ、重さに耐えようとするんです。このように、体幹深層筋に予想外の負荷がかかったときに機能不全が起こり、腰痛になる可能性が高くなる。それだけ体幹と腰痛には密着な関係があります』

お問い合わせ

ご不明点・疑問点などお気軽にお問い合わせください。

無料体験などのご予約も承っております。

お客様のご希望に応じたメニューをご提案いたします。

Tel.098-943-7321

必須お問い合わせ内容
お問い合わせ 体験トレーニング
必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須ご希望の連絡方法
メール 電話
必須お問い合わせ

「必須」は必須項目です。※お問い合わせフォームの必要事項をご記入の上、送信をお願いいたします。

※送信後にお問い合わせ完了のメールが届かなかった場合は、メールアドレスが間違っているか、 迷惑メールに分類されている可能性がありますので、いま一度ご確認をお願いいたします。